これらを返済していくつもりは国にとって毛頭ないであろう、日米ともに借金返済していくと言うコメントが出たりしたら株式市場は大暴落と思われる。このまま放置する借金なのです、何れ将来インフレで借金が大幅に実質的に減少した何て言うことを待っているのであろう。

イエレンは50年国債発行何てコメントしていた、今の低金利時代のチャンスに金利負担なくて借金していく摩訶不思議な時代なのです。ただこれだけ国債を発行し資金を市中に供給し続ければ、戦後の日本を観て下さい、ドイツを考えて下さい。どうしようもない経済状況が起きる可能性があります。

日本政府もこの低金利時代に超長期の国債発行で将来の金利上昇に備えて行く方策は取って行くものと思っています。インフレ期待の国債増発は今のうちにやってしまおうと言う魂胆はあると思う。利息が5%まで行ってその利払いだけで60兆円何て日本政府はできません。0.1%なら1兆2千億円の利払いで今は済んでいるのです。