これは知っておくべきことでアジアとの取引はドル建てが主流で、現地通貨がドルに対して下落しているか下落して行くと考えれば、円はアジア通貨に対して円高となり輸出について圧力となるのは必至です。アジア地域が輸出の主な地域となって行く現状において日本企業にとってはマイナスである。